キャッシング

MENU

始まりは些細なことでした。

私の浪費癖がいつから始まったのか?
振り返っててみると、それは社会人となって最初の給料を手にした瞬間、訪れたような気がします。

 

ある程度の額が口座に振り込まれていること、そしてこの先も毎月同じことが続くと思うと、一気に舞い上がってしまったのです。

 

それまで我慢していた服やアクセを買い、コスメを買い、毎週のように友達と遊びに行っていたら、あっという間に給料はなくなりました。
なんだ、私の給料ってこれくらいしかないのかと思ったけれど、来月からもずっと収入があるのですから、また来月まで待てばいい、と思いました。
しかし、だんだんと待つのがつらくなって、カードで買い物をするようになりました。代金は次の給料で支払われるのですから、問題ありません。

 

少なくとも、その時はそう思ったのです。

 

口座に残高がなくてカード代金の引き落としができない、と通知を受けたのは、社会人になって3年目のことでした。
私はパニックに陥りました。
給料は一か月先でないと入らない。そのうえ、来月もまた買い物の支払いがあるし、なによりカードの利用を止められることが怖かったのです。

 

すぐにでも現金が必要でした。
二度目の期限は二週間後。
この時に引き落としができないと、カードを止められてしまうのでしょうか?

 

カード会社の明細を見てみると、来月も再来月も、給料を上回る額の請求額が記載されています。
いつの間にこんなに使ったんだろう?
いや、そんなことを考えても、何にもなりません。
とりあえず、現金を手に入れなければ!

 

そこで思いついたのがキャッシングでした。
なんだか怖いイメージがあったので、これだけは手を出すまいと思っていたのですが、他に手はありません。
意を決して、キャッシングできるところを調べてみることにしました。
そうしてたどり着いたのが、プロミスだったのです。

 

「すぐに借りれる! WEBでカンタン プロミス申込み」などのサイトは、プロミスの特徴が詳細にわたり記載されています。こちらから申し込みも可能ですよ。